プログラミングゆるめモ

プログラミングに関することをゆるくメモしてます

PHP WordPress

WordPress PHPコードを記述する方法~ショートコードの使い方

2016/09/05

WordPressを使っていると、ちょこっとだけでもPHPで記述できれば便利なんだけどなぁということがよくあります。
でも、WordPressにPHPのコードを記述しても、もちろんそのコードがそのまま表示されるだけで、動いてくれるなんてことはありません。
残念ながら、投稿に直接PHPを記述して動作させるという仕組みは、WordPressには備わっていません。

WordPressの投稿からPHPを呼び出すには、プラグインをインストールする方法と、ショートコードという仕組みを利用する方法があります。
プラグインでの実行は、別途PHPを動かすためのプラグインをインストールする必要がありますが、ショートコードはWordPressに標準で備わっている機能です。プラグインはセキュリティー面での心配もあり、特に独自コードの実行なので出来ればプラグインは入れたくないところです。
そこで今回は、標準機能であるショートコードを使って自前のPHP関数を呼び出す方式を採用します。

やり方はいたって簡単です。
[1]functions.phpに関数を記述する
[2]投稿の呼び出したい箇所に、その関数を記述する
たったこれだけで、自前のPHP関数を投稿に挿入することができます。

具体的方法
[1]外観-テーマの編集 からfunctions.phpを開きます。
関数を記述します

記述した関数の直後に、ショートコードタグ用のフックを追加します。
add_shortcode(投稿の本文に記述する名前,関数名); となります。

[2]投稿の本文に
[UseFunc]
と記述すれば、'Func'という関数がコールされます。

 
引数を利用する場合
引数を渡して、処理を行いたい場合もありますよね。
そんなときは、
単に、関数を引数付きにするだけです。

投稿の本文に
[UseFunc 引数]
と引数を記述すればOKです。
複数の引数を渡す場合は
[UseFunc 引数1 引数2] として
関数内で $str[0]が引数1 $str[1]引数2 となります。

結構簡単にPHPを記述して呼び出すことができますね。

-PHP, WordPress